【まだ、痛いのに治療を打ち切りと言われた】

保険会社さんから突然、

「治療開始から3ヶ月経過したのでこれで治療費は打ち切りになります!」

「むち打ち症は3ヶ月で治るものなのでこれ以上の治療費は支払できません!」

と言われる事があるようです。

被害者さんとしては当然、痛みが治るまで治療を続けたい、交通事故前の身体に戻したい、

 

                  遭いたくもない交通事故の被害に遭って痛みで

                  苦しんでいるのに・・・

                     突然の治療打ち切りに納得は出来ないでしょう。

 

 

 

結論を申しますと、

 

保険会社さんが治療を打ち切る事を勝手に決める事は出来ません。

治療の中断を決められるのは実際に治療を行っている病院の先生です。

痛みがあり、治療によって徐々に回復に向かっていれば治療を継続する事は可能です。

 

また、むち打ち症は3ヶ月で治るなど決まってはいません。

1週間で治る事もあれば1年経っても治らない方もいます。

治療打ち切りは単純に治療費を支払っている保険会社さんの希望です。

 

【任意保険会社さんの考え】

 

保険会社さんの考えとしては数か月治療しても治らないようであれば、

あと1~2か月間治療を続けても治らないと思うので、治療を中止して

後遺障害等級認定して欲しいと思っているようです。

 

治療費を出す保険会社さんからすれば数か月経っても治らないのであれば

「治らない治療」「治せない治療」「治さない治療」「治らない症状」」の

どれかに当てはまるとしか考えられない。

なので、治療を打ち切って後遺障害等級認定して欲しいと思うのも

当然かもしれません。

 

しかし、遭いたくもない交通事故の被害に遭って痛い思いをして

将来も後遺症に苦しめられるかもしれない、

被害者さんの権利、希望を優先するべきだと当NPOは考えております

治るまで治療を続けるか、

中止して後遺障害等級認定を受けるか、

決めるのは交通事故でケガをした被害者さんです。

治療中止に納得できないようであれば保険会社さんと交渉して

治療を続けさせて貰うようにしましょう!

 

しかし、実際は

自動車保険、示談交渉のプロである保険会社さんに

交通事故に関する素人が交渉しても上手くいきません。

その様なお悩みを解決する為に設立されたのが

NPO法人 千葉県交通事故相談センターです。

交通事故に関する賠償、治療のプロが在籍しており、

相談者様のご希望に沿った形になる様にサポートさせて頂きますので

お困りの方は当NPOをご活用ください。

 

NPO法人千葉県交通事故相談センター付属の整骨院はこちらをクリック