後遺障害等級認定とは

交通事故で怪我を負ってしまい、治療していたが残念ながらもうこれ以上治療を行っても治る見込みがないと医療機関が判断した場合は治療が打ち切りとなり後遺障害が残ったと申請して認定を受ける必要があります。

 

後遺症が残ればこの先の日常生活や労働などに影響しますので

それをお金で補うこれが【後遺障害等級認定】です。

後遺障害等級は114等級まで分かれており、1級が一番重症で

当然、賠償金も高くなります。

 

交通事故で最も多いむち打ち症(外傷性頸椎捻挫)で後遺障害が残った場合は

14等級か12等級になります。

 

しかし、むち打ち症の場合は簡単には認定されません。

 

何故ならば、むち打ち症は自覚症状のみで画像検査など異常がない事が多い為に調査事務所に理解されにくい為に非該当とされる事が多いようです。

しかし、申請に出した診断書や書類の書き方、資料が少なかったが為に認定されなかった場合も多いので、後遺障害等級認定を得意としている弁護士や行政書士に相談すれば認定される可能性が高くなります。