むち打ちは3ヶ月しか治療出来ない?

むち打ちは交通事故で最も多く診られる疾患名です。

正式名称は外傷性頸部捻挫と言います。

むち打ち症は最も多く診られる疾患で、

最も多くトラブルのある疾患でもあります。

何故ならば、むち打ち症はレントゲン検査などでの

他覚所見が乏しく、自覚症状のみの場合が多いからです。

 

自覚症状のみだと被害者の中には慰謝料を多く取ろうと

痛みが無いのに痛いと言われる方もいる様なので、

保険会社さんとすれば警戒をしなければならなく、

治療を早期中止にしようとして被害者さんとトラブルが発生します。

 

その様な事情があるので、痛みなどの症状が残っているのに

むち打ちは3ヶ月以上治療出来ません」と保険会社さんに言われて困ったと

相談を受ける事がよくあります。

 

結論から言えば、3ヶ月しか治療が出来ないという

決まりはありませんので治療は継続できます。

 

実際、むち打ち症後遺障害が残った場合、

6ヵ月は治療を継続しないと認められませんので

3ヶ月で中止しなければならない理由はありません。

 

治療の中止を決めるのは病院、整形外科、整骨院の先生だけです。

 

もし、症状が残っていて3ヶ月程度で治療中止を言われたら、

担当者さんもしくは、その上司に強く反論すれば何の問題もありません。

ご自身のケースでも当てはまるか気になる方は

NPO法人千葉県交通事故相談センターは

無料相談で承っておりますので、ご活用ください!

 

NPO法人 千葉県交通事故相談センター】

■住所297-0029 千葉県茂原市高師1695番地

*ブックオフさんと茂原しん整骨院の間に事務所(1F)があります。

 入口が分かりずらいので分からないようでしたらお電話ください。

■連絡先

0120398392

【受付時間】 月・火・木・金 8:302200

       水、土、祝日  8:3013:00

 

【定休日】  日曜

 

ブログ記事一覧はこちら
ブログ記事一覧はこちら