後遺障害等級認定とは?

後遺障害等級認定という言葉を知っていますでしょうか?

交通事故で怪我をされた場合は

後遺障害等級認定が何なのかを知っておくべきだと思います。

交通事故で怪我をされた場合、

病院や整形外科、整骨院に通院すると思います。

治療して治れば良いのですが、治らない怪我や完治に至らなかった

怪我の場合もあると思います。

 

ある程度治療を行って、治らなかった場合は症状固定と言って、

もうこれ以上治療をしても改善しません、

ですから治療は中止ですという事になります。

 

しかし、交通事故被害者からしてみると

それでは納得できませんよね?

そこで、後遺障害等級認定の出番です。

 

簡単に言えば後遺障害等級認定

交通事故による後遺症が残ってしまった場合、

その度合いにより保険金が被害者に支払われるシステムになります。

後遺障害等級認定は14等級~1等級まであり、

重症度が高い方が少ない数字の等級になります。

 

交通事故ではよくある傷病のむち打ち症などは

14等級か12等級になります。

 

ただ、むち打ち症後遺障害等級認定が取れにくい傷病名でもあります。

何故ならば、レントゲン、MRI検査で異常なしと診断されてる事が多く、

他覚的所見が乏しい場合が多いからです。

 

しかし、諦める必要はありません!!

後遺症が残っているのならば、

何かしらの症状があるはずなので、

それを他人から見ても分かる様に証明する書類を

作成すれば良いのです。

 

当然、素人には難しいので専門家に

お願いするしかありませんが、

NPO法人千葉県交通事故相談センターでは

後遺障害等級認定に詳しい弁護士、行政書士

在籍しておりますので、ご相談に乗ります。

相談は何度でも無料です!

 

NPO法人 千葉県交通事故相談センター】

■住所297-0029 千葉県茂原市高師1695番地

*ブックオフさんと茂原しん整骨院の間に事務所(1F)があります。

 入口が分かりずらいので分からないようでしたらお電話ください。

■連絡先

0120398392

【受付時間】 月・火・木・金 8:302200

       水、土、祝日  8:3013:00

 

【定休日】  日曜

 

 

 

ブログ記事一覧はこちら
ブログ記事一覧はこちら