後遺障害等級認定は定期的な通院加療から

後遺障害等級認定をご存知でしょうか?

交通事故で怪我を負ってしまい、

治療したが残念ながら完全に治る事はなく、

症状固定となってしまった際に後遺障害等級認定

として賠償されます。

 

要するに治らなかった分をお金で賠償する制度です。

 

誰が診ても分かりやすい怪我の後遺症ならば問題ないのですが、

様々な怪我の中には後遺障害が残っても、

後遺障害等級認定を認めてもらえない場合があります。

 

それは何かお分かりでしょうか?

 

答えはむち打ち症です。

正式傷病名を外傷性頸部捻挫と言います。

 

交通事故の怪我で最も頻発する、

後遺障害も残りやすい怪我ですが、

後遺障害が最も認められにくい怪我でもあります。

 

何故か?レントゲンやMRI検査などでは

異常が診られない事が多いからです。

 

ですから、むち打ち症後遺障害等級認定される事は

容易ではありません。

ただし、以下の事を守れば

後遺障害等級認定される確率が大幅に上がります。

 

半年以上、週4回程度の通院。

整骨院への通院の場合、月1回程度は整形外科にも通院する。

事前認定ではなく被害者請求で申請する。

診断書をしっかりと書いて貰う。

書いて貰えない先生の場合は専門家を同席させる。

(弁護士、行政書士など)

 

簡単ですがこの様な事が重要になってきます。

NPO法人千葉県交通事故相談センターでは

後遺障害等級認定のお悩みを弁護士、行政書士が無料で相談しております。

 

NPO法人 千葉県交通事故相談センター】

■住所297-0029 千葉県茂原市高師1695番地

*ブックオフさんと茂原しん整骨院の間に事務所(1F)があります。

 入口が分かりずらいので分からないようでしたらお電話ください。

■連絡先

0120398392

【受付時間】 月・火・木・金 8:302200

       水、土、祝日  8:3013:00

【定休日】  日曜

 

http://www.koutujikosoudan.jp/

 

 

ブログ記事一覧はこちら
ブログ記事一覧はこちら